猫とキャットフード

飼っている猫が突然キャットフードを食べなくなってしまった、という経験がある人は多いのではないでしょうか。
猫も私たち人間と同じように年をとっていくので、年を取った事で顎の力などが弱ってきてしまい、今までの食べていたキャットフードが食べられなくなってしまうという事があります。
食欲がなくなっているのに気付かずに同じキャットフードをあげていると、食欲が落ちるだけでなく体調を崩す原因にもなってしまうでしょう。
そういった事を防ぐためにも、どういった原因で食欲が落ちているのか、それを解消するにはどうしたらいいかを考えなくてはいけません。

もちろん年を取っている猫だけでなく、子猫なども食欲がなくなってしまう場合があります。
こういった場合の原因は味の好みが変わったという事で、特に子猫は成長と共に味の好みが変わる事がありますから、それに合わせて今まで食べていたキャットフードを食べなくなるという事があります。
味の好みが変わった時には、その猫の好みに合わせたキャットフードを探してみるなどさまざまな工夫をしてあげる必要があるでしょう。
もちろんキャットフードを新しく購入しなくても、ちょっとした工夫で味の好みに合わせてあげる事は可能です。

当サイトでは、キャットフードを食べなくなってしまった場合の対処法について、年を取った事が原因である場合と味の好みが変わった場合との2種類について解説します。
大事な家族である猫がキャットフードを食べなくなってしまった時に、どのように対処をしたらいいのかを考えるための一助となれば幸いです。